恋愛で男性心理を掴む会話

さりげない気配りが男性の心を掴む

男性と女性は会話に対する考え方が違うので、
あながた好きな男性に好印象を持ってもらうために
男性にして良い会話とダメな会話を知っておきましょう。

 

基本的に男性にとって会話は討論するのもので、
女性にとって会話はコミュニケーションをとるもの
です。

 

 

例えばドライブ中のカップルが道に迷った時に、
女性が「ここさっき通ったよ。迷ったの?」と言うと、
男性には「道を間違えているからしっかりしてよ。」
と聞こえてしまうのです。

 

男性は自分がミスしたことよく理解しているので、
女性から言って欲しくない言葉になります

 

女性は男性が困っていたら協力しようと思ったのですが、
男性の解釈の仕方は異なるので食い違いが生じます

 

 

この場合は、男性が自分から「ごめんね。道に迷った。」
と言い出すまで女性は待ったほうがいいでしょう。

 

男性は自分で認めると他人の言葉を聞けるようになるので、
女性から言葉をかけても大丈夫な状態になります。

 

 

男性は女性にいいところを見せたいと思っているので、
会話の中で男性のミスに深く突っ込まないことが大切です。

 

男性に否定的なことは言わないことです。

 

 

また、どんな男性も自分の得意分野は話したがるので
その時は男性に気持ちよく喋らせてあげましょう

 

例えば、ギターを弾けることを知ったら、
「今度聴かせてね。」という女性の言葉に男性は喜び、
意中の男性がパソコンに詳しいなら「今度教えてね。」
と言えば丁寧に教えてくれるでしょう。

 

 

恋愛上手な女性は、男性の会話に乗るのが上手です。

 

初めはちょっと疲れるかもしれませんが、
会話は恋愛には不可欠な要素なので
勉強だと思って相手を掴むことができるまでは
少し考えながら話すことをお勧めします。

 

同じことを繰り返さなければ
自然に相手の気持ちを掴む会話力が身についていき

努力することで相手は喜び、それが恋愛成功に繋がります。