恋愛における女性の話し方

男性が行為を抱く女性の話し方

同じ意味合いの言葉を使っても、
話方で相手への伝わり方が違うことがあります

 

綺麗な言葉使いがいつもよい訳ではなく、
可愛いと感じられる話し方がポイントになります。

 

 

以下に簡単な例を紹介します。

 

例えば恋愛対象の男性が年上の場合、
普通は敬語で喋ってしまいます。

 

しかし、敬語がずっと続くと堅い雰囲気になり
二人の間に距離ができてしまいます

 

 

プライベートで仕事が関係ない時は、
敬語をやめるだけで印象がまったく変わります。

 

軽々しく話したり、偉そうに話すのではなく、
親近感をもって相手に接することがポイントです。

 

 

どんな風に話したらいいのか分からない人は、
会話で相手に親近感を与えることができている
周りのモテる女性を観察してみて下さい。

 

恋愛上手な女性は相手の喜ぶ話し方をしていて、
敬語で話していても話し方がどこか違うはずです。

 

 

そして、仲良くなると自然に敬語を使わなくなり、
堅苦しい言葉を使わず普通に話しているはずです。

 

好きな男性といる時は話を聞いてあげ、
彼の話題に合わせ、人の愚痴などは言わず

話していて楽しいという印象を与えることが大切です。

 

 

この使い分けは初め難しいかもしれませんが、
意識していけば徐々に慣れるでしょう。

 

気になる男性にもっと近づきたい気持ちがあったら、
話し方を少しだけ変えてみましょう。